snuf memo

Welcome to the house of the idle man!!

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< バッハ 再び | TOP |

2014.04.18 Friday

ベートーベン:ピアノソナタ第24番 嬰ヘ長調 op.78

1ヶ月以上先のことですが, 知人が開催するサロンコンサートで「ベートーベン:ピアノソナタ第24番 嬰ヘ長調 op.78」を演奏することになりました。

この曲は全2楽章からなるコンパクトなソナタで,繰り返しなしで弾くと10分かかりません。 とはいえ,メカニズム的にはゴマカシがほとんど効かなく, その人が持っている技量・音楽性が露呈される可能性が高いです。 つまり「演奏時間が短く,その人の演奏能力が現れる」ということで, コンクールの課題曲になることもしばしばあります。

だからといって, そういう学習向けの範疇に留まらせるにはあまりにももったいないくらい魅力的な曲なので, コンサートという場で弾いてみようと思ったのです。

コンクールや試験の採点なんか関係ないからといって, 何も考えずに好き勝手弾くのも気が引けるので, ちょっと譜面を見渡してみたわけですが, 第1楽章提示部でイキナリ,解らん箇所が登場しました。

B24H

第25,26小節のところです。 もともとは嬰ヘ長調(Fis-dur)ですが, ここは第2主題で属調(嬰ハ長調,Cis-dur)になっています。 下段は「ナポリ調のV和音」と見なすことができますが, 上段はFisisがあるので,おそらく重属和音(V度調のV和音,ドッペルドミナント)と考えられます。 つまり,上段と下段(この場合は右手と左手)で,鳴らしている和音が違うのです。

和音が違うといっても, 鍵盤上では「Fisis=G」ですから, 気にしなければそれまでなのですが, 和音の種類を考えると,どう考えて表現すべきか迷ってしまうのです。

これはヘンレ版の楽譜ですが,初版を見てみても・・・

B24F1 B24F2
(初版)

のように,FisisとGが使い分けられています。 実際の手稿譜でも・・・

B24O
(手稿譜)

のように同様です。 ところが,ブライトコフやドーバーを見ると・・・

B24B
(ブライトコフ)

B24D
(ドーバー)

のように,GがFisisに編集されて(書き換えられて)います。 以前,練習に使っていたペータース(アラウ)版は「原典」ということだったのですが,

B24P
(ペータース:アラウ)

となっていて,全音でも

B24Z
(全音)

となっています。

確かに,上下段ともFisisであれば, ここは「重属和音の下方変位」で決まりなので, 表現にここまで悩むことはないのですが, 手稿譜でGとなっている以上, ここにはそうなっている理由があるのでしょう。

前半のたった2小節でこれだけ時間を費やすのですから,先は長そうです。 間に合うかな・・・


12:00 | 投稿者:スナフ|一般記事 | comments(1) | - | - | - |

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
2016/08/01 3:25 PM by -

コメントする









▲top