snuf memo

Welcome to the house of the idle man!!

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ネット中継様様 | TOP | リストの年ということで・・・ >>

2010.11.24 Wednesday

「個性」って?

先日「月刊ショパン12月号」を買いました.

月刊ショパン,2010年12月号

10月にワルシャワで開催されたショパンコンクールの特集です. これが目当てだったのですが,インタビューに興味があったのです. 受賞者はもちろんですが,審査員のが特に.

受賞者のインタビューから見始めたのですが, 1位,2位,3位くらいまでは本人も嬉しい嬉しいという感じなのですが, 4位,5位となるとちょっと言葉の端々に影が見え隠れしていたり, グチっぽくなったり, インタビュアーが妙に気を遣っていたりします. その中で印象的だった(というかショックに近かった)のが, 5位のデュモン氏のインタビューの本文中に, 最終結果が出た後に審査員の1人が氏に言ったセリフが載っていて,

「あなたは音楽を一番に持ってきていたから優勝できなかった」

とのこと. これを見てちょっと考えてみたところ・・・

 

 

 

・・・意味不明.

 

 

 

つまり,もっと上位に入賞していた人たちは, 音楽以外を一番に持ってきていたと・・・そういうことでしょうか. そこで気になるのが審査員へのインタビュー記事なのですが, 雑誌には10人の審査員に対するインタビューが載っていて,そのほとんどの人が, 今回のショパンコンクールに対して「個性」というのをキーワードっぽく扱っています. 「個性的な演奏が多かった」とか「日本人には,ファイナルに残れるほどの個性を持つ人がいなかった」とか.

はて・・・ここで「個性」というのはどういう意味で使われているのでしょうか.

唯一の日本人審査員である小山実稚恵さんのコメントに, (『日本人には何か絶対的なものがなかった?』という意の問に対して)

「感じたのは,譜面からショパンを見てしまうということです.
(中略)
心から湧くものを表現して欲しい. 『誰に何と言われてもいい!』というくらいの思いがあればこそ,なのかなと思います.」

というのがあるのです.

でも,4位のボジャノフ氏の演奏を「解釈がわがまま」と評している審査員もしますし ・・・なんだかダブルスタンダードに見えてきました.

養老孟司の本(タイトル忘れました)で, 「個性というのは解釈にあるのではなく身体的特徴にある」という件があるのですが, 医者らしいコメントです. 解釈がホントに個性的だったら,他の人には理解されない,理解されるにしても時間がかかります. 解釈は,本来あるべき姿というか,スタンダードであっても, それを表現する人の(ピアノの場合は)指の長さであったり, 指先の柔らかさ,筋肉の付き方,腱の強さによって,奏でられる音楽が変わってきます. 同じ楽器を弾いても人によって音色が全くことなることがあるのは,もちろん技術的なこともありますが, 奏者の身体的特徴に起因することが多いと思います.

歌の場合はもっと顕著です.声は一人ひとり違ってソックリにすることは できませんし,なにしろ身体そのものが楽器ですから.

まあ,この問題については,自分自身がまだ考えがまとまってなくて, いろんな意見を聞く度に「なるほど」と感心してしまう, つまり揺れてしまう状態なので,時間をかけてジックリ考えてみたいと思います.

JUGEMテーマ:ピアノ

22:43 | 投稿者:スナフ|一般記事 | comments(1) | - | - | - |

コメント

今までのショパコンでは最終結果が出るまでのプロセスを見てないから1位の人しか覚えてないのですが,今回は1次予選から本選の演奏まですべて鑑賞できるので,それ以外の入賞者とか,本選まで残らなかった人でも,より印象的な演奏をする人を発見できてよかったです.
2010/12/05 11:22 AM by スナフ

コメントする









▲top